忍者ブログ

21Nov

[PR]

Posted by in

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

29Mar

遠くからでもできること

Posted by miki in m e l l o w


仙台に住む友人へ荷物を送った。
地震直後数日の間、音信不通だった友人。
「家族全員無事だー!」というメールに、ホッとして力が抜けて涙。

電話で久しぶりに聞く、会ったときと変わらない声に元気付けられたのは、こっちのほうかもしれない。
幼稚園に通う小さな子が2人いるけど、この子たちのしゃべり声や兄弟喧嘩していたり、とにかく賑やかだった。

真向いにはおばぁちゃんたちが住んでいる家があるのだけど、
昔ながらの日本家屋。
瓦がほとんど落ちてしまっているから大工さんが今直してくれているそう。

地震の起こったその時間に、いつもなら行っていた場所は津波が押し寄せたらしく、もし行っていたら助からなかったかもと言っていた。
2年前に友人の家へ遊びに行ったときに連れて行ってもらった港の近くにあるアウトレットは津波の被害を受けて犠牲になった人が見つかったらしい。
大きな川には家や人までもが流されてきたとも言っていた。
本当に恐ろしい地震でしたね。まだ大きな余震が続いていますが・・いい加減揺れなくなってくれないものなのか。

スーパーやお店の営業情報とかは事前に知ることができるようで、朝早くから並べば欲しいものは買うことができるようになったと言っていました。
ガソリンはまだ1回20ℓまでと制限されていて、整理券を受け取るために旦那さんが朝5時ころからスタンドへ行って並んで整理券をもらって給油しているのだとか。
都市ガスはまだらしいけど、運良く?友人の家はプロパンガスなので、かなり早いうちから使えるようになったそうです。
普段、ガス料金が都市ガスより高いことに、文句言っていたけど、今回は本当に助かってる。高くても文句言えないと友人。
下水はまだうまいこといってないようで、完全に復旧するまで半年くらいかかるって言われたとも言っていました。

友人の親戚の自宅は津波で流されてしまい、避難しているそうで
とにかく服が欲しいからなんでもいいから送ってほしいと言うので
クローゼットの奥や、もう東京じゃ必要ないとした冬物を箱に詰めた。
まだまだ寒い夜、朝が続きそうだから、少しでもこれで温かくしてもらえたらと思う。

今できること、何かして助けたい、力になりたいって思っている。
少しずつでも、今できること。
必要なものを送ったり、節電を心掛けたり、寄付したり。
ひとりひとりが小さなことのキッカケでも始めていけば、いずれは大きな力になるはずですね。

「困ったときはお互い様」っていう言葉があるけど、本当にそういうことなんだねー。

まだまだ寒くて、春をなかなか感じることができないけど
避難している方たちが、少しずつでも落ち着ける日が、少しでも早くやってくることを願います。
PR

Comment


Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字